セクシャルハラスメントの対応について

平成20年12月5日
いわき市農業協同組合

セクシュアルハラスメントは許しません!!

 

1 セクシュアルハラスメント防止の意味

 職場におけるセクシュアルハラスメントは、労働者の個人としての尊厳を不当に傷つける社会的に許されない行為です。労働者の能力の有効な発揮を妨げ、また、組合にとっても職場秩序や業務の遂行を阻害し、社会的評価に影響を与える問題です。
 ですから、セクシュアルハラスメントは絶対にあってはなりません。

2 当組合は下記の行為を許しません

 「就業規則第6条(職員の一般義務)⑧相手の望まない性的な言動により、職員に不利益を与えたり、就業環境を害する行為をしないこと。」とあります。その行為とは次のとおりです。

  ① 性的な冗談、からかい、質問
  ② わいせつ図画の閲覧、配付、掲示
  ③ その他、他人に不快感を与える性的な言動
  ④ 性的な噂の流布
  ⑤ 身体への不必要な接触
  ⑥ 性的な言動により社員等の就業意欲を低下させ、能力発揮を阻害する行為
  ⑦ 交際、性的な関係の強要
  ⑧ 性的な言動に対して拒否等を行った部下等従業員に対する不利益取扱い など

3 方針の対象者

 この方針の対象者は、正職員、臨時職員、嘱託、常用、パート等組合の従業員の方すべて、また、顧客、取引先の社員の方等も含みます。相手の立場に立って、普段の言動を振り返り、セクシュアルハラスメントのない、快適な職場を作っていきましょう。

4 相談窓口の設置

 職場におけるセクシュアルハラスメントに関する相談(苦情を含む)窓口担当者は次の者です。電話での相談も受け付けますので、一人で悩まずにご相談ください。
 また、上記2に当たるかどうか微妙な場合も含め、広く相談に対応し、事案に対処します。

   総務人事課 人事担当(電話番号0246-28-9100)
   監事室 常勤監事(電話番号0246-28-9105)

   相談には公平に、プライバシーを守って対応しますので安心してご相談ください。
 

5 懲戒の方法

 セクシュアルハラスメントの行為者に対しては懲戒処分を行います

「就業規則第70条(1.けん責、2.減給、3.出勤停止、4.降職)には、上記2の①~⑥のいずれかを行った場合が該当します。
(5.諭旨解雇、6.懲戒解雇)には、数回にわたりけん責、減給、出勤停止、降職を受けたにもかかわらず改善の見込みがない場合、又は上記2の⑦又は⑧を行った場合が該当します。

6 プライバシーの守秘

  相談者はもちろん、事実関係の確認に協力した方に不利益な取扱いは行いません